普段、子供達がモンテッソーリスクールに通っているときは隠している教具も、アメリカの長い3ヶ月の夏休みの間は部屋に出すときがあります。

ガイ(7歳)が突然、ピンマップのキャビネットから「北アメリカ」の引き出しを出してお仕事を始めました。



国名、首都、川や山、大きな都市の名前など書かれたピンを、地図の穴に刺していくお仕事です。

分からないときのために、答えの書かれた地図もあるのですが、

ほとんどそれを見ること無く、ミシシッピ川はここ、マイアミはここ、クリーブランドはここ、シカゴはここ、ハドソン湾はここ、メキシコ湾はここ、パナマ、コスタリカ、ハイチ、キューバなど中米の国々もスイスイとピンを刺していくのにビックリしました。



「ママ、アジアやってみたら?」と勧められてチャレンジするものの、そんなにスムーズにできません(苦笑)知らない国、名前だけ知っていても正確な場所がわからないものだらけで・・・答え合わせ用の地図を見ながらも苦戦する私を見て、

「じゃあ最初だから日本だけでいいよ。アジアはボクも最初は日本だけやったんだよ」



札幌、東京、横浜、大阪、神戸、名古屋、北九州のピン・・・・そのくらいなら私にもわかります(笑)



他の国にもチャレンジしてみましたが、実際やってみると大変なお仕事!ということがよく分かりました。20分集中しただけで、私、グッタリでした。

お友達と一緒にやってもいいけれど、最大人数は4人まで、と決まっているそうです。

あれだけスイスイ刺せるということは、かなりスクールで繰り返しこのお仕事にチャレンジしたに違いない・・・

今、他のモンテスクールのサマースクールに通っていますが、夏休みなので通常のモンテのお仕事はないけれど、モンテの方針に沿って過ごしています。

毎週テーマがあり、今週のガイのクラスのテーマは「オリンピック」。

古代のオリンピックはどこで行われてどんな種目があり、優勝の賞品は何だったとか、

初期のオリンピックには女性の選手がいなかったのは何故かだとか、

戦争のときにはオリンピックのために休戦して、その後戦争に戻ったりだとか、

そんなことを調べていたようです。


先週のテーマはアートだったそうですが、印象派のクロード・モネのことを学び、
「モネ風」の描き方で皆でペイントしたそうです。



国名を覚える、首都を覚えるのがもしテストがあるからとか宿題だから仕方なくやるのだったら、最終的にはつまらないものになってしまうかもしれないけれど、

興味のある歴史や事柄と合わせて学ぶことで、親しみをもって地図のお仕事ができているようで、なんともモンテらしいと感じます。




今日も楽しく読んで頂けましたら応援クリックして頂けると嬉しいです。更新の励みになります。
にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
にほんブログ村 教育ブログ モンテッソーリ教育へ


Link

Profile

Search

Calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

  • モンテッソーリ小学校1−3年生課程のディプロマを取得しました
    Asako
  • メイク、ヘアカラー、ネイル
    Asako
  • メイク、ヘアカラー、ネイル
    辰子
  • モンテッソーリ小学校1−3年生課程のディプロマを取得しました
    kiko
  • モンテッソーリ小学校1−3年生課程のディプロマを取得しました
    Asako
  • モンテッソーリ小学校1−3年生課程のディプロマを取得しました
    mimiko
  • 花の絵を描く
    Asako
  • AMI認定の更新
    keiko
  • 花の絵を描く
    まり
  • AMI認定の更新
    Asako

Other