長男ガイが通う、モンテッソーリ小学校4−6年生クラスには、「ブッククラブ」というものがあります。

先日の記事に書いた、「ディベート(討論)クラブ」と同じように、参加したい生徒が自分の意志で参加します。放課後にやるのではなく、お仕事の時間に集まって、活動をします。

ブッククラブを始めるには、読みたい本を決めて、参加者を募り、図書館から1人一冊ずつ、同じ本を借ります。たいてい5人程度の小さなグループです。

集まる日、時間を決めて、そのときまでに決められたチャプターまで家で読んできます。(読む速度は人それぞれなので、全部読んでしまったりする子も多いようですが)

そして、ブッククラブの時間には、参加者が1つのテーブルに集まり、その本に関する問題に答えたり、意見を言い合ったり、要点を紙にまとめたりするそうです。

読む本は、最初は担任の先生が決めていましたが、生徒達が自主的に新しいブッククラブを始めることもあります。

何より友達と過ごすのが楽しい児童期。1人で好きな本を読みふけるのもいいけれど、友達と同じ本を読むのもとても楽しそうです。


ガイ(4年生)が最近ブッククラブで読んだ本を参考までに。

担任の先生が選んだ本。ジャッキーロビンソンは、初のアフリカ系アメリカ人のメジャーリーガーと言われ、有色人種排除の方針だったメジャーリーグで、壮絶な人種差別を乗り越えた野球選手。




5年生の男の子が選んだ本。エラゴンシリーズ。3人がブッククラブで読んでいます。15歳の男の子が書いた本なんだそうですね。






応援クリック、ありがとうございます。また遊びに来て下さいね。
にほんブログ村 教育ブログ モンテッソーリ教育へにほんブログ村


Link

Profile

Search

Calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

  • これはいい! 荷造りの仕方
    Asako
  • これはいい! 荷造りの仕方
    まさこ
  • 一大決心
    Asako
  • モンテッソーリ教育の良さに子ども自身が気づくとき
    Asako
  • モンテッソーリ教育の良さに子ども自身が気づくとき
    Asako
  • 一大決心
    Eiko
  • モンテッソーリ教育の良さに子ども自身が気づくとき
    いくみ
  • モンテッソーリ教育の良さに子ども自身が気づくとき
    suzume
  • 銃規制を訴える 高校生たちの計画にモンテッソーリ中学生も参加
    Asako
  • 銃規制を訴える 高校生たちの計画にモンテッソーリ中学生も参加
    Asako

Other