小学校に入学したばかりの1年生のリーディングレベルはそれぞれ。
もうすらすら読める子もいれば、1つ1つの文字の読み書きはできるものの、まだまだ読み始めのレベルという子供もいます。モンテッソーリ園でない園からモンテッソーリ小学校に入学する子供も毎年クラスに何人かいます。

そういう「読み始め」の子供たちが、一人で読むための、薄くて短い本が、アメリカはとても充実しています。



こういう感じの本で、ペーパーバックだと定価で4ドルくらい。
中古だと1、2ドルで買えます。

レベルが書かれてあるので、教師や親にとっても、子供の今のレベルにピッタリの本を選んであげることができます。





多くの小学生向けの本には、裏表紙に RL: の数値があり、これがリーディングレベルを表しています。


難しすぎると、読む気が失せてしまうこともあるので、このレベル分けは大人が本を選ぶ上で参考になります。あくまで大人にとっての目安で、子供に「あなたはこのレベルだからここにある本を読みなさい」なんてことは言いませんが。

赤ちゃん向けの本や幼児向けの本は、単語のレベルやページ数としては読み始めの1年生にちょうど良くても、「自分はもう1年生なんだ」という気持ちが大きいのか、小さい子向けの本は好まなくなります。

自分と同じ、6−7歳の子が登場する本や、学校が出てくる場面がある本など、1年生は嬉しいみたいですね。

「内容が年齢に合っている」に加え、「内容が分かっている本ではなく、これまで読んだことが無い本。新しい知識が得られるような本」を準備してください。

「この本も一人で読めた!」という達成感に加え、「本を読めるって楽しいな」という気持ちが芽生えると、読み始めの子供達は自然に次の本へと手が伸びます。

そして、目につきやすい場所に、出来る限り「おもて表紙が見えるように」置いてくださいね。




我が家はこんな感じで置いています。「1年生におすすめの本」のラベルは、今月1年生になったばかりの次男には、嬉しいようで、夜の間に新しい本を置いておくと、次の日必ず気付いてくれます。



おもて表紙を見せて置ける、ワイヤのスタンドが大活躍です。




今日はモンテッソーリ小学校の1年生にとても人気のある、シリーズ本をご紹介しますね。



マジックツリーハウス Magic Tree Houseです。



現代に生きるアメリカ人の8歳と7歳の兄妹が、古代エジプトや、恐竜の時代、熱帯雨林、氷河期などへ行き、様々な冒険をするお話です。

この兄妹や、時空旅行はフィクションですが、彼らが行く様々な時代、様々な国の舞台設定はノンフィクションです。

1巻ずつ完結しているので、1冊読み終わったら達成感がある上、続きの本も読んでみたいという気持ちが芽生えます。

このシリーズはモンテッソーリ小学校にも置いてありますが、自宅にも持っている子供がとても多いようです。
私もこのシリーズはとても好きで、ずっと手元に置いておきたいと思ったので、40巻ほど自宅に揃えました。

アメリカではこの本がきっかけで、恐竜や中世の騎士、日本の忍者など、歴史に興味を持つ子供達も多いのです。

マジックツリーハウスには、それぞれの本に対応する「リサーチガイド」があります。
たとえば、第1巻(兄妹が白亜紀に行って恐竜に遭遇する)を読み終わり、もっと恐竜について知りたいと思ったら、対応するリサーチガイドに、恐竜についてもっと詳しい事実が詰まっています。



こちらは第12巻(ホッキョクグマの話)とそれに対応するリサーチガイド。



リサーチガイドはノンフィクションで、モンテッソーリ小学校1−3年生クラスでのリサーチにもピッタリ! 学校に置いてあるのも頷けます。


パート1でも書きましたが、モンテッソーリ小学校では、毎日、各自で静かに読書をする時間(Silent Reading)があります。

その時間にクラスメートがマジックツリーハウスを読んでいるのを見て、自分もと読み始める子がどんなに多いことか!!

うちは長男も次男もそうでした。

モンテッソーリ教育でいうと、幼児期から児童期に入る今の時期。
これまで一人でするお仕事がほとんどだったのが、小学校にあがると、クラスメートの存在が急に大きくなり、お仕事もグループでやることがぐんと増えます。お友達が読んでいる本が気になり、自分も読んでみたいと思うことは、児童期に入った年齢の子供達にはごく自然なことなのです。


1冊毎に、読むスピードも少しずつ早く、一度に読めるページ数も少しずつ増えていきます。


静かに読書できる時間(silent reading)は、モンテッソーリ小学校ではランチ後の休み時間の後です。体を思い切り動かして遊んだ後、午後のお仕事の時間に入る前に、読書で気持ちが落ち着き、スムーズにお仕事へ入っていけます。




日本に読書好きの子供達がもっと増えますようにと願いを込めて書いています。更新の励みになるので下のアイコンをクリックして応援してくださると嬉しいです。
にほんブログ村 教育ブログ モンテッソーリ教育へにほんブログ村


Link

Profile

Search

Calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

  • 銃規制を訴える 高校生たちの計画にモンテッソーリ中学生も参加
    Asako
  • 銃規制を訴える 高校生たちの計画にモンテッソーリ中学生も参加
    Asako
  • 銃規制を訴える 高校生たちの計画にモンテッソーリ中学生も参加
    suzume
  • 銃規制を訴える 高校生たちの計画にモンテッソーリ中学生も参加
    Keiko
  • 銃規制を訴える 高校生たちの計画にモンテッソーリ中学生も参加
    Asako
  • 銃規制を訴える 高校生たちの計画にモンテッソーリ中学生も参加
    Keiko
  • 古代メソアメリカを学ぶ Humanitiesの授業の第1回のトピック
    Asako
  • 古代メソアメリカを学ぶ Humanitiesの授業の第1回のトピック
    suzume
  • 黒帯!!
    Asako
  • モンテッソーリ中学校の1年生
    Asako

Other