子供とキッチンに立つことは日常的なことで、何も特別なことではないのですが、、、今日は子供達が好きなクッキー作りと、焼けるまでの時間にするお仕事のことを書こうと思います。

次男ジェイ(2歳5ヶ月)は、キッチンでお手伝いするときは大人用の椅子を押して持ってきます。
ステップよりも安定していて、高さがあるので、このくらいの年齢の子には、ステップより良いと思います。

我が家の定番クッキーは、いつも参考にしているこの本坂本広子の台所育児―一歳から包丁をのレシピの「ヨーグルトクッキー」。

材料を次々にビニール袋の中に放り込み、手でモミモミして混ぜ合わせます。


特に生卵を割り入れ(まだ上手にはできませんがやらせています。)、袋に入れ、黄身をつぶすのがお気に入り。

オーブンに入れるのも自分で。

タイマーも自分でセットします。タイマーは、力を入れて手首をひねることが必要なので、最初は上手に回せませんでしたが、今では上手になりました。

アメリカのオーブンは、コンロの下にあり、すごく大きいので子供には使いづらいので、写真に写っている小さな安価なオーブントースターを買ってあります。

さて、焼けるまでの時間、何をしようかな?

ジェイのお気に入りのお仕事は、食洗器から洗い終わったナイフやフォーク、スプーン、お箸を出してきて、仕切りのある引き出しに「分けて入れる」ことです。




すべて分け入れ、「ここは全部フォークだね、ここは全部スプーンだね、ここは全部ナイフだね、ここは全部お箸だね」と一緒に確認して終了です。

モンテのお仕事にも、同じ色、同じ形の物などをグループ分けするお仕事がありますが、家庭では日常的に同じことができますよね。だって、「日常生活の練習」分野ですもん。こうやってやるのは「日常生活の実践?」(笑)

残りの食洗器の食器も、子供用の食器のお片づけはやってくれます。これがアメリカでは一般的な巨大食洗器↓


4段の引き出しのうち、真ん中の2段が我が家の子供用の食器やコップを入れるところです。同じお皿は重ねて、大中小とある食器は大きさの順番に並べて。

全部入れ終わって、大きな食洗器のドアをヨイショっと閉めて、満足そうに去って行くジェイ君でした。


↓ 新米のネットショップ店長に応援クリックお願いします!
にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へにほんブログ村


Link

Profile

Search

Calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

  • モンテッソーリ教育の良さに子ども自身が気づくとき
    いくみ
  • モンテッソーリ教育の良さに子ども自身が気づくとき
    suzume
  • 銃規制を訴える 高校生たちの計画にモンテッソーリ中学生も参加
    Asako
  • 銃規制を訴える 高校生たちの計画にモンテッソーリ中学生も参加
    Asako
  • 銃規制を訴える 高校生たちの計画にモンテッソーリ中学生も参加
    suzume
  • 銃規制を訴える 高校生たちの計画にモンテッソーリ中学生も参加
    Keiko
  • 銃規制を訴える 高校生たちの計画にモンテッソーリ中学生も参加
    Asako
  • 銃規制を訴える 高校生たちの計画にモンテッソーリ中学生も参加
    Keiko
  • 古代メソアメリカを学ぶ Humanitiesの授業の第1回のトピック
    Asako
  • 古代メソアメリカを学ぶ Humanitiesの授業の第1回のトピック
    suzume

Other