鏡開きの日に、日本の私の母が送ってくれ、飾っていた鏡餅をおぜんざいにして食べるのを、ガイ(5歳3ヶ月)はずっと楽しみにしていました。

それなのに、鏡餅に乗せていたみかんを見ていたガイは、突然「みかんを絞ってオレンジジュースを作る」と言い出し、

おぜんざい作りは後回しにして、久しぶりにみかんを絞るお仕事をやってもらうことに。

我が家のジューサーは、ガイの通うモンテ園で使われているものと色違い。特に子供用というわけではないですが、ピンクのガラス製で見た目も可愛らしく、取っ手がついているところなども、子供にピッタリです。


家でジューサーのお仕事をするのは本当に久しぶりでしたが、この1年で手の力が本当に強くなったな、と実感。

4歳前半の頃は、みかんは完全には絞り切れていませんでしたから。

5歳3ヶ月の今は、ジューサーが動かないように取っ手部分をしっかり握って、力を入れて絞ります。果汁がちゃんと出ているか、覗き込んで確認しながら。


ジェイ(2歳5ヶ月)は、みかんを絞るお兄ちゃんを見て、みかんの皮むきをやりたくなった模様。(卵の殻、ミカンの皮、タマネギの皮などをむく敏感期です^^)




ジュースは美味しく頂きました。

さて、ようやく鏡開きができる!

あれれ?

叩き付けても、ハンマーで叩いても、このお餅、全然割れない!

レンジで温めて柔らかくしてから手で千切りました。

みかんの皮むきの合間に、ジェイもちょっとだけお手伝い。
あんこはアジアンマーケットで見つけたので、手作りでなく、市販品を。ジェイ君、お鍋に入れてね。


でたっ!


お鍋のお守りはガイがやってくれました。

おぜんざい、とろっとしてて美味しいハート


ジェイは、、、「おぜんざい、食べようよ」と誘っても、

「いま、みかんのかわ、むいてるのよ〜。ジェイくんは、みかんのかわをむくのが だいすきなのよ〜」

と言って、来てくれません。

何よりも食べることが大好きなジェイが、食べることを拒否するなんて、滅多に無いこと。ここは思う存分、ミカンの皮むきをしてもらいました。モンテを知って良かったなあと思うのは、こうやって小さな子供の敏感期に気づき、ゆったりと構えて思う存分やらせてあげられること。

卵の殻はちゃんとお皿に入れてくれるのに、ミカンの皮は、こうやってテーブルに長ーく並べて行かないと気が済まないジェイ君なのです。


次の日の朝、いつもより1時間も早く目を覚ましたガイに、「みかんでジュース作りたいから、ママ起きて!」と起こされました。それを見てまた皮むきを始めるジェイ。今年はみかんの減りが早いです。

↓ 応援クリックして頂けると励みになります
にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へにほんブログ村


Link

Profile

Search

Calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

  • モンテッソーリ中学校の1年生
    Asako
  • モンテッソーリ中学校の1年生
    しゅんず
  • 地域ボランティア活動 モンテッソーリ小学校4−6年生クラス
    Asako
  • 地域ボランティア活動 モンテッソーリ小学校4−6年生クラス
    Mari
  • 地域ボランティア活動 モンテッソーリ小学校4−6年生クラス
    Asako
  • モンテッソーリ小学校1−3年生課程のディプロマを取得しました
    Asako
  • 地域ボランティア活動 モンテッソーリ小学校4−6年生クラス
    Mari
  • モンテッソーリ小学校1−3年生課程のディプロマを取得しました
    Ricore
  • 相良先生へ 感謝の気持ちを込めて
    suzume
  • 外で仕事がしたくなるお年頃
    Asako

Other