ガイが通うモンテソッソーリ園の小学校クラスで、「子供達が保護者にレッスンを見せる」という行事があったので、参加してきました。

たくさんの机にそれぞれのお仕事を広げて子供達が待っていました。1生徒1つの、すごい数のステーション。たったの1時間で、全部見てまわれるかしら。。。(しかも足元でジェイがチョロチョロしてるし^^)

どの子供もきちんと挨拶、自己紹介し、これから○○のお仕事をお見せします、と言い、モンテの先生さながらに複数の親達を前に堂々とプレゼンテーションするのがとても印象的でした。

自分たちの研究テーマを、皆の前で発表する機会が多いので、こういうプレゼンや、討論には小さな頃から慣れている印象です。

「人に教える」ためには、内容を完全に理解するだけでなく、相手が分かり易いように説明する必要があります。自分のペースで、自分が納得するまで、とことん繰り返し取り組んだ結果、自然にこうやって大人相手にプレゼンできるまでになったのでしょう。

私が生まれて始めてプレゼンをしたのは、大学4年生のときでしたけど(笑)
最初はそれはそれは緊張しました。プレゼンならまあともかく、討論となると今でも苦手です。大勢の前で、自分の意見をはっきり言うこと、私だけでなく日本人は苦手な人が多いですよね。

私が見た全てのお仕事をここで紹介するのは無理(多すぎ!)ですが、いくつか印象に残ったのをご紹介しますね。

「Volume Box with 1000 Cubes」という教具を使ったお仕事。
箱の中に、小さな白い立方体が1000個入っています。

これで立方根の計算をします。例えば、64の立方根は4ですが、それを求めるのに、

小さな白い立方体64個を取り出し、それで立方体を作っていきます。最初は一辺1の立方体、そして、一辺が2の立方体、一辺が3の立方体、、と大きくしていき、4の立方体まで作ったところで、取り出した白い立方体が全部無くなったので、答えは4。という感じ。

この教具で、1000までの立方根が求められるわけです。

なるほど〜。こういう風に実物を使ってやると、本当に分かり易い!

このレッスンをしてくれた女の子は9歳(3年生)でした。

次は、「色ビーズの平方」を使ったレッスンの1つ。

始めはこうやって色ビーズの1−10を重ねてピラミッドのようにしてあります。これを全部順番に並べ、、、

平方の一辺と同じ長さの色ビーズを、平方の横と下に1本ずつ追加し、1の赤ビーズをその間に乗せ、一辺が1個ずつ増えた平方を作ります。

これで

1^2 + ( 1x2) + 1 = 2^2
2^2 + ( 2x2) + 1 = 3^2
3^2 + ( 3x2) + 1 = 4^2
....
10^2 + (10x2) + 1 = 11^2

という式が、ビーズを見ながらスラスラ書けるのです。
色ビーズで出来るのは、ここまでの数字ですが、この子は「後は同じようにやればビーズがなくても分かる」と

11^2 + ( 11x2 ) +1 = 12^2

と書き続けてくれました。

ああ何て分かり易い!これで ( a+1)^2 = a^2 + 2a + 1 という計算を具体物を使ってやっているわけです。

これを見せてくれたのは、小学校1年生の小さな女の子でした。
きっと、まだこの公式のことは知らないのでしょうが、何年か後にこの公式を見たときに、「ああ、あのビーズでやったのと同じことか」と思うのでしょう。

次はチェッカーボードを使った4桁x2桁のかけ算を、1年生の男の子が見せてくれました。


次は、ピタゴラスの定理の教具を前にした9歳の男の子。

ピタゴラスがいつ、どこで生まれ、どんな国を訪れたか、と最初に詳しく歴史の説明をしてくれました。

「よく知ってるね」と言うと、「うん、ピタゴラスに関する本もたくさん読んだんだ」という返事。きっとピタゴラス大好きなんでしょう^^

この教具は、直角三角形の辺 a, b, c が、a^2 + b^2 = c^2 になるということが分かるもの。

赤の正方形の面積が、青と黄色の正方形を合わせた面積ということを、正方形を分割した三角形を使って確認します。

こちらでは、一辺がそれぞれ3, 4, 5の直角三角形の周りに、赤、青、黄色の正方形が分割されたものがあり、青と黄色の正方形を赤の正方形が入っていた枠に移動させるとピッタリ。赤の正方形も、青と黄色の正方形が入っていた枠にピッタリと収まります。

これで、3^2 + 4^2 = 5^2 と分かるのです。

その他、negative snake game (負の数のへび遊び)

ガイは幼稚園クラスで、正数だけのへび遊びなら足し算、引き算ともにやっていますが、負の数が入るのは小学校でのレッスンです。

小数のかけ算

小数のかけ算は、上に出てきたチェッカーボード(整数の4桁のかけ算に使う)とは違う形のチェッカーボードを使ってやります。

「ビーズフレーム(大)」という教具を使った、6桁の引き算。このビーズフレームは上から、1、10、100、1000、1万、10万の位となっています。


分度器を使った角度の測り方、分割円形セットを使った分数の計算などもありました。


さて、、、

モンテッソーリ教育、というと、「特殊な教育」と思われる節があるのは何故なんでしょう。教具が独特だから?それとも講義形式でなく、レッスンを受けたあとは自分のペースでお仕事にとことん取り組む自由が与えられているから?

私には、モンテッソーリの教具は、見た目が美しいだけでなく、子供達がすんなりと理解できるように、非常に分かり易く作られていると思います。算数だけをとってみても、機械的に公式に当てはめるのでなく、色んな公式や定理などが、具体物で直感的に分かるようになっています。

教具はあくまで環境の一部に過ぎませんが、自分から主体的に取り組み、納得がいくまで繰り返し練習し、そして十分に満足して次のステップに進むというのは幼児期からずっと続くモンテッソーリ教育の特徴の1つです。

学校では、自分でじっくり考える時間が保証されているので、
ちゃんと、自分でよく考えられる、高い学力を持つ子供が育つし、学ぶことが好きな子供たちが育っているのです。

私には、モンテッソーリ教育の方が、子供にとっての自然な学び方に思えます。

こうやって、エレメンタリークラスを見学する機会は結構多いのですが、その様子を知れば知るほど、我が子はやはり幼稚園だけでなく、小学校もモンテッソーリ校で、という気持ちが強くなります。

日本にもモンテッソーリの小学校がもっと増えるといいのにな〜と。

そうそう、モンテッソーリの小学校では宿題は一切ありません。(宿題を出して欲しいと、逆に先生に頼む子はいるそうです^^)

毎日、3時15分が下校時刻ですが、放課後にまで、「お勉強」する子はいないそうです。
スポーツしたり、音楽や絵画などの芸術に触れたり、自然と触れ合う時間が、子供達にはじゅうぶんあるのです。

本当のゆとりのある教育が、ここにあると私は思います。


↓ 応援クリックしてくださると更新の励みになります
にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へにほんブログ村


Link

Profile

Search

Calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< January 2019 >>

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

  • 明けましておめでとうございます!新年にギリギリ間に合いました
    Asako
  • 明けましておめでとうございます!新年にギリギリ間に合いました
    しゅんず
  • これはいい! 荷造りの仕方
    Asako
  • これはいい! 荷造りの仕方
    まさこ
  • 一大決心
    Asako
  • モンテッソーリ教育の良さに子ども自身が気づくとき
    Asako
  • モンテッソーリ教育の良さに子ども自身が気づくとき
    Asako
  • 一大決心
    Eiko
  • モンテッソーリ教育の良さに子ども自身が気づくとき
    いくみ
  • モンテッソーリ教育の良さに子ども自身が気づくとき
    suzume

Other