毎年子供達の誕生日は、家族と数人のお友達でお祝いするのですが、昨年9月、ガイの6歳のお誕生日パーティは、初めて大勢のお友達を招待しました。

「プレゼントは不要です。ガイと同じ誕生日のルワンダの男の子への寄付の箱を置いておきます。」と招待状に書き、たくさんのお友達が寄付してくれました。(そのときの記事はこちら

寄付金は190ドルにもなり、ワールドビジョンを介して、毎月サポートしているルワンダのA君に、お誕生日プレゼントとして送ったのですが、お礼のお手紙が届きました。

ワールドビジョンのスタッフとA君とお母さんで、必要なものをよく話し合い、皆でマーケットへ行き・・・さて、何を買ったでしょう??

まずは





を買ったそうです!

牛の糞は畑の肥料となるし、牛のミルクを飲んで家族皆が元気になります、と書かれてありました。

その他には・・・




マットレス

これまでマットレスや布団もなく、硬い床に薄い布を敷いて寝ていたのでしょうか。これからはマットレスでよーく眠っていい夢を見てくれるかな。

それから、

A君用の新しい服と、大好きなお母さんにも服

そして





大切な食料となる豆を袋にいっぱい



このプレゼントがとても嬉しかったこと、愛をありがとう、ぼくたちは元気です、皆さんにも神様からの恵みがありますように。お元気で。と現地語と英語で書かれてありました。(ボランティアの方が英語に翻訳しています。)

そしてお手紙と一緒に、このプレゼントを受け取って嬉しそうなA君と、小さな子をおんぶするお母さんの写真が添えられていました。(お父さんは亡くなっています)



牛やマットレス、袋いっぱいの豆もうつっています。
何より、A君やお母さんの輝くような笑顔!!

A君が手に持っているのは、新品のスニーカーのように見えます。これも買ったのかな。

アメリカや日本だったら、この金額では乳牛なんてとても買えないですよね・・。牛の値段なんて知りませんでしたが、これを機にちょっと検索してみたら、アメリカでは産まれたての子牛でも600ドル〜1000ドルくらいするし、ミルクをだす雌牛なら1200ドル〜1500ドルくらいはするそうです。A君の国だったら200ドル弱の寄付で、牛も買えるし、他にも色々買える・・・

私たちがサポートすることで、1つの家族を幸せにできるんだ、と実感できました。

飢餓や戦争、病気に苦しんでいる国の家族、我が子と同い年、同じ誕生日の男の子がいる家族を、こういう形でサポートすることで、私たちの方が色々勉強させてもらっている気がします。

我が家の息子たちも、きっと大切な何かを学び、何かを感じ取ってくれていると思います。
国々の違いを理解し、認め、助け合う経験をすることで、世界平和へ貢献できる大人へと成長しますように。


国際NGOワールド・ビジョン・ジャパンはコチラ。支援する子供を誕生日や性別や国から選べます。東日本大震災の被災地の南三陸町の子供達にも、美味しいパンと牛乳、水を届けたそうです。


ランキングに参加しています。クリックで応援してくださると嬉しいです。
にほんブログ村 教育ブログ モンテッソーリ教育へ
にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ


Link

Profile

Search

Calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

  • これはいい! 荷造りの仕方
    Asako
  • これはいい! 荷造りの仕方
    まさこ
  • 一大決心
    Asako
  • モンテッソーリ教育の良さに子ども自身が気づくとき
    Asako
  • モンテッソーリ教育の良さに子ども自身が気づくとき
    Asako
  • 一大決心
    Eiko
  • モンテッソーリ教育の良さに子ども自身が気づくとき
    いくみ
  • モンテッソーリ教育の良さに子ども自身が気づくとき
    suzume
  • 銃規制を訴える 高校生たちの計画にモンテッソーリ中学生も参加
    Asako
  • 銃規制を訴える 高校生たちの計画にモンテッソーリ中学生も参加
    Asako

Other