お久しぶりです。アメリカは今の時期が春休みで、子供達と一日中なので、ブログの時間はほとんどとれませんが、私たちは皆元気にしています。

こちらはまだ肌寒く、週末は雪でした(涙)

子供達と家でお絵描きしたり 桜の木を皆で描いて、その下で「お花見ごっこ」。ガイは2歳まで日本にいたので、お花見に行った記憶がかすかに残っているようです。

風船に紐を巻き付けて糊を塗り、乾いたら中の風船を割って、アートを作ったり

昨日はようやく晴れたので、今年初めてのピクニックにでかけました。

お弁当を作る!と張り切るガイ。とは言っても 苺とバナナを切って爪楊枝に刺したものと、キュウリを切って、塩を振りかけてごま油をちょっとかけたものだけですが^^ でも、麦茶を水筒に入れ、ナプキンなども自分でリュックに詰め込んでくれました。


子供達と一日中一緒だと、けんかもあります。自分のおもちゃを許可なく勝手に使った!と怒るというパターンが多いです。

そんなとき、私たち大人はよく、「今あなたは使っていないんだから、貸してあげなさい。」と言ってしまいませんか?

大人でも、「あの人があなたの車、かっこいいって言ってるわ。少し車を貸してあげなさいよ。貸してあげるのは優しいことなのよ。」「あなたのその新しいダイアモンドのリング、素敵ね。ちょっと貸してくれない?」

なんて言われたら・・・絶対イヤ!ですよね。もし車を貸して、どこかにぶつけられてしまったら・・・、一番大切にしているこのダイヤのリングは誰にも貸したくないし、それにもし、無くされてしまったら・・・非常に困る訳です。

小さな子どもも同じように感じます。

それに、掃除の途中で掃除機を貸してと言われたり、料理の途中でそのお鍋貸してと言われたらどうでしょう?

3歳ー6歳の子供は繰り返しの活動の中で、集中力やスキルを磨いていきます。

こうした活動は、始まりと真ん中と終わりがあり、それをきっちりと見届けないと子供は混乱します。

もし積み木で何かを作っていて、その途中でお友達とシェアするように言われたら、子供は嫌がるでしょう。


6歳を過ぎた頃からは、一人でやるお仕事より、グループでやるお仕事がメインの活動になります。だから、モンテッソーリ教育でも、幼児期は一人でじっくり取り組むお仕事が多いけれど、モンテ小学校ではグループ活動が多くなります。

小学校では「お友達と一緒にやる」活動が、成長段階に合っていて、学ぶプロセスを援助してくれるからです。

逆に6歳以下では、自分のスキルを磨くのに集中したい時期で、シェアを強要するとそれを邪魔されたと感じることが多いのです。

そういった成長段階を理解した上で、家庭で一定のルールを作り、兄弟姉妹間のケンカを防ぐことができます。

誰かが何かを使っているときは、だれも触ってはいけない。「僕も使ってもいい?」と聞き、「いいよ」と言われたときは使っても良い。「駄目」と言っても使っているその子供が意地悪なわけではありません。どのような答えであっても尊重されるべきなのだそうです。

モンテッソーリ園では子供達が、小さなラグや、プレースマットなどを広げて、その上でお仕事をしているのをよく見かけますが、これは活動の範囲を決め、「これは今、使用中だよ。」と他のお友達に明らかに分かるようにする、という役割もあります。

使い終わったら、その教具は棚に戻し、ラグも巻いて片付けると、他の子供が使っても良い、というサインになります。

積み木やパズルなど、家族皆で使うのに適した玩具もあります。そういう玩具は皆の手が届く、棚の下の方に保管し、図書館やプールや公園などと同じように「公共のもの」として皆で使えるようにしておきます。

個人のおもちゃは、子供の寝室などに保管すると良いそうです。アメリカでは、プレイルームと寝室は分かれていて、それぞれの子供が別々の寝室を与えられていることがほとんどです。

だから、自分の玩具で人に触らせたくないものは、自分の寝室で保管しようね、ということなのだと思います。それぞれの国でそれぞれの家庭に合ったルールを作る必要があると思います。

アメリカの寝室にはたいていクローゼットがあるのですが、それに鍵をつけて、他の人に触って欲しくない玩具はその中に入れるようにしている家庭もあるそうです。

ガイは、大切にしている組み立て済みのスターウオーズのレゴを、プレイルームに出しっ放しにしていたので、家に遊びに来た3歳の男の子に壊されてしまい、その場では「まだ小さい子だから」と怒ったりしませんでしたが、あとでその子が帰宅した後、「壊された!」と泣いていました。

その場でその子を叩いたりせず、よく我慢したなあと思いましたが、こういうときが、玩具をしまう場所をもう一度話し合うチャンスかなと思います。

大切な玩具は自分のベッドルームに保管、というルールがあっても、折り紙や型紙で新しい作品を作ったまま、それを床の上に置いたままだったり、自分の玩具を寝室から持ち出したままお片づけをしなかったり・・・という状態になると、やっぱりジェイがそれで遊び始めてガイが怒る、というパターンになりがちです。

その都度、思い出させるように話をする私・・忍耐、忍耐です(><)ああ、早く春休みが終わって欲しいと願う私に、頑張って!の応援クリックして頂けると嬉しいです。
にほんブログ村 教育ブログ モンテッソーリ教育へ
にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ


Link

Profile

Search

Calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< January 2019 >>

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

  • 明けましておめでとうございます!新年にギリギリ間に合いました
    Asako
  • 明けましておめでとうございます!新年にギリギリ間に合いました
    しゅんず
  • これはいい! 荷造りの仕方
    Asako
  • これはいい! 荷造りの仕方
    まさこ
  • 一大決心
    Asako
  • モンテッソーリ教育の良さに子ども自身が気づくとき
    Asako
  • モンテッソーリ教育の良さに子ども自身が気づくとき
    Asako
  • 一大決心
    Eiko
  • モンテッソーリ教育の良さに子ども自身が気づくとき
    いくみ
  • モンテッソーリ教育の良さに子ども自身が気づくとき
    suzume

Other