モンテッソーリの言語教育は、子どもが楽しめる工夫がいっぱいです。
自分からやってみたい!という自発的な活動を大切にするモンテらしく、ゲーム的な要素を含むものもとても多いです。

ゲームとはいっても、競争するようなゲームではなく、皆で協力して楽しめるゲームというのがモンテの特徴かしら。

今、ガイ(6歳)のクラスで最近流行(?)のゲームは「Ha Haゲーム」というもの。

たくさんの紙に「読むのが難しい言葉」を書いておき、裏返しておきます。
子供たちが順番に紙をとって、声に出して読みます。

この中の2枚程度には「ha ha」と書かれてあり、それを引いてしまった子は、持っていた紙を全部戻さないといけない、というルール。

ha haが出ると、子供たち、ハハハー!と大盛り上がりです(単純・・^^)

我が家は家では日本語なので、英語の読みを家で教えるなんて一切なく、すべて園にお任せでした。今では長めの絵本もすらすら読めるようになりました。

ガイは面白い絵本が大好きで、大笑いしながら読むのです。

読むのって楽しい!そう感じてくれているのがとても嬉しい。モンテ園の先生に感謝です。

さて、このHa haゲーム。4−6歳の子がやるゲームで、もちろん紙に書かれた英語が読めないこともあります。そういうときは、読める子が教えてあげるのだそう。

一番年上のガイの出番は多いらしく、先生にも頼りにしていると言われています。

今日はガイが、日本語でもHahaゲームを作ろうというので、二人で作りました。

日本語の文章をたくさん書いて。「おばあちゃんのつくった ふりかけはおいしい」とか「じゅうたんを ゆかに ひろげる」とか「おなかがすいたから おべんとうをたべよう」とか身近なことの他、さりげなく「さるも きからおちる」とか、「やすものがいの ぜにうしない」とか諺も入れたりして。

よっぽど楽しかったようで、寝る時間に帰宅した夫も誘ってやっていました。

ちなみに、このHa haゲームは以前のクラスではなかったので、今の担任の先生のオリジナルかもしれません。今の担任の先生、ほんっとに愉快で、面白い先生なんです^^


↓ モンテッソーリ教育の言語教育、楽しそう!と思われた方は是非クリックをお願いします!ランキングに参加しています。
にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へにほんブログ村


Link

Profile

Search

Calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

  • モンテッソーリ教育の良さに子ども自身が気づくとき
    いくみ
  • モンテッソーリ教育の良さに子ども自身が気づくとき
    suzume
  • 銃規制を訴える 高校生たちの計画にモンテッソーリ中学生も参加
    Asako
  • 銃規制を訴える 高校生たちの計画にモンテッソーリ中学生も参加
    Asako
  • 銃規制を訴える 高校生たちの計画にモンテッソーリ中学生も参加
    suzume
  • 銃規制を訴える 高校生たちの計画にモンテッソーリ中学生も参加
    Keiko
  • 銃規制を訴える 高校生たちの計画にモンテッソーリ中学生も参加
    Asako
  • 銃規制を訴える 高校生たちの計画にモンテッソーリ中学生も参加
    Keiko
  • 古代メソアメリカを学ぶ Humanitiesの授業の第1回のトピック
    Asako
  • 古代メソアメリカを学ぶ Humanitiesの授業の第1回のトピック
    suzume

Other