現在公立高校2年生の長男ガイに言わせると、モンテッソーリ中学の2年間で経験できて一番よかったと思うことは、「マイクロエコノミー」の時間なんだそうです。

 

生徒たちが自分たちでやるミニビジネスです。

 

毎年続いていたのが、スクール内で週1回、ランチを提供するビジネスで、それがメインの収入源だった訳ですが、コロナ禍で、ランチ提供は安全のため認められていません。

 

その他の、スクール内のカフェやショップのビジネスも、今は出来ません。「何かアイデアがあったら提案して欲しい。」と先生から保護者に言われていました。

 

ガイが一番よかった!と言う経験を、ジェイにも何とかさせてあげたいと思い、私からアイデアを出させて頂きました。

 

私はガーデニングが大好きで、この春夏もたくさんの野菜を育てました。その話は後日させて頂くとして、コロナで暗くなっている世の中に、少しでも気分が明るくなる色をと思い、ロシアンマンモスという名前の巨大なひまわりを、たくさん植えたのです。

 

すくすく育ち、私の身長の3倍近くの高さの大きなひまわりが40本以上、咲きました。

 

こんな大きなひまわり、見たことがない!とご近所さんやお友達、親戚も皆ビックリするくらい。

見上げているのは私です。(身長154cm)

 

このひまわりのタネを収穫して、販売してはどうかと提案したところ、やってみようという事になり、次男ジェイを含む、7年生の男の子たち5人が我が家に放課後に集合しました。

 

一人がのこぎりで茎の下の方を切り、倒れてくるので他の4人でキャッチ。

 

 

 

大きなひまわりの花をのこぎりでカット。

 

 

放課後だったので、皆最初は疲れ気味だったのですが、この作業を、私が最初にしてみせた途端、わーっと盛り上がって、自分がやる!あれが一番大きいから次はあれを倒そう! と楽しそうに収穫を終えました。全部で20個。

 

茎の部分は葉を取り除き、太い茎を小さくカットするところまでやってくれました。こうすると堆肥化しやすいので助かりました。私が頼んでもいないのに「コンポストはどこ?切った方がいいよね?」と…。ありがたいです。

 

 

収穫してみたところ、まだ完全に乾ききっていなかったので、現在乾燥中です。

 

 

それにしても大きいな。直径40cmくらいあります。

 

乾燥したら今度は8年生も一緒にクラス全員でタネを取り出して袋分け。鳥の餌用として売るのか、人の食用として売るのか、それとも来年の植え付け用として売るのかはまだ分かりません。

 

このひまわりの他にも、私とジェイが考えた、マイクロエコノミーの案を先生に伝えてあります。

 

マイクロエコノミーはモンテッソーリ中学クラスの特徴の1つなので、コロナ禍でも子供達に経験させてあげて欲しい。

 

先生たちは、慣れないzoomやgoogle クラスルームの準備や、週2回の外での活動を頑張ってくださっていて、大変なのは感じているので、私にも協力できることがあってよかったと思っています。

 

にほんブログ村 教育ブログ モンテッソーリ教育へ

 

 

Comment





   

Link

Profile

Search

Calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

  • 「昆虫」「地図学」について学んでいます
    Asako
  • 幼児クラスも新学期です
    Asako
  • 現在のアメリカの様子 新型コロナウイルス
    Asako
  • 「昆虫」「地図学」について学んでいます
    suzume
  • 幼児クラスも新学期です
    Akiko
  • 現在のアメリカの様子 新型コロナウイルス
    Asako
  • 現在のアメリカの様子 新型コロナウイルス
    Aini
  • メリークリスマス 手作りのプレゼント
    Asako
  • メリークリスマス 手作りのプレゼント
    suzume
  • モンテッソーリ小学校1−3年生課程のディプロマを取得しました
    Asako

Other