モンテッソーリ小学校4−6年生クラスで、性教育のレッスンが始まってからしばらく経ちました。

 

先日は外から講師の方を招いて、保護者と子供が一緒に参加する性教育セミナーでした。夫は仕事で参加できなかったので、私がジェイを連れて参加。他のクラスメートはお父さんお母さんと3人で来ていたり、お母さんと二人、あるいはお父さんと二人という家族もいましたが、クラスメートはほぼ全員、この放課後5時半からのセミナーに参加でした。

 

このセミナーでは男女の生殖器官の名称や役割についてと妊娠の仕組み(子供たちは既にクラスで学んでいます)と、思春期を迎えると起こる様々な体や心の変化についてでした。

 

私自身、自分の5年生の時を振り返ってみると、5年生の時にこんなこと、全く知らなかったです。だから中学時代は不安だらけでした。○○ちゃんはこうなのに、私はどうして??みたいな。

 

こうやって正しい知識を学んでおくと、その不安を感じる必要は無くなりますね、確かに。

 

「思春期の開始時期は人によってまちまちであり、だいたい何歳何ヶ月から何歳何ヶ月くらいまでで、遅くても早くても全く正常です。」

 

「人はそれぞれ、目の大きさや形、鼻の大きさや形、耳の大きさや形、髪の色や皮膚の色が異なり、それも個性でどれも正しいものです。生殖器の大きさや形や色もそれと同じで、人によって全く異なり、同じではない。それも個性でどれも正しいものです。」

 

「ただ、毎年1回は、お医者さんに診てもらって、異常がないか病気がないかは確認してもらいましょうね。」

 

私も小学校高学年で、信頼できる大人の人にこう言われたかったわ…。

 

その他、circumcisionについてもイラストを見せての説明がありました。日本では赤ちゃんにこの手術をするのは珍しいですが、アメリカでは結構ありますので。これも、完全に個人の判断であって、どちらが良くてどちらが悪いということではないと。

 

脇毛やすね毛が生えてきたら、それを剃るかそのままにするか、circumcisionもこれとと同じで、個人の判断であって、どちらでもいいのですよ、と。

 

これも知識として必要だと感じました。

 

性教育というと、どうしても親は尻込みしてしまいますが、子供と一緒に参加してみると、これはやっぱり思春期に心と体の変化が起こる前に、知っておいた方がいいと大きく納得します。

 

長男ガイがこのクラスだった時も、ガイと二人で参加しましたが、その時は私もセミナーの間ずっと、ぎこちなかったですが、二人目は意外と余裕でした、私(笑)

 

にほんブログ村 教育ブログ モンテッソーリ教育へ

 

 

 

Comment





   

Link

Profile

Search

Calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

  • モンテッソーリ小学校1−3年生課程のディプロマを取得しました
    Asako
  • モンテッソーリ小学校1−3年生課程のディプロマを取得しました
    mimiko
  • 花の絵を描く
    Asako
  • AMI認定の更新
    keiko
  • 花の絵を描く
    まり
  • AMI認定の更新
    Asako
  • AMI認定の更新
    Keiko
  • 明けましておめでとうございます!新年にギリギリ間に合いました
    Asako
  • 明けましておめでとうございます!新年にギリギリ間に合いました
    しゅんず
  • これはいい! 荷造りの仕方
    Asako

Other