1年ほど前に、空手道場で、

 

「ガイクンノ オカアサンデスカ?」と日本語で話しかけてきて私をびっくりさせた、L君。

 

当時高校生だったL君は、市内にある私立高校で、日本語の授業を取っているのだそうです。

 

ガイ(中学2年生)とは黒帯で一緒で仲が良く、二人ともトリッキング(様々な武術、体操やブレイクダンスなどの様々なアクロバットを組み合わせたスポーツ)が好きなので、オープンジムなどでも誘い合って一緒になることがありました。

 

モンテッソーリの縦割りクラスで慣れているからか、ガイは高校生の友達も何人かいます。L君ともよく一緒にいましたが、まさか、L君、日本語が話せたとは!!

 

話してみるととても感じの良い、優秀な高校生で、日本にホームステイしたこともあり、全米の日本語の大会で入賞して、日本に招待されたのだそうです。

 

「そこで日本のお姫様に会います」と言うので、「お姫様?何歳位の方?」と聞くと、60代で、皇室にお嫁入りされた方というので、そ、それはまさか、雅子さま?紀子さま?それとも久子さま?!でしょうか。皇室の方がお越しになる会合に参加できるなんてL君、羨ましすぎます。

 

その後、ニューヨークにある全米屈指の大学に進学して、会えなくなり寂しい思いをしていましたが、この冬休みに帰省して、久しぶりに空手道場に姿を表しました。

 

大学では自分の専門とは別に、日本語の勉強も続けていて、とても忙しいと言っていました。

 

ファームから帰宅したガイは、今日がL君と一緒にオープンジムに行ける最後の日だからと、出かけて行きました。(病み上がりでファームから帰ってきたばかりだというのに。)

 

 

大学1年生と中学2年生。小さい子を可愛がってくれているような感じではなく、ガイもお兄さんに遊んでもらっている感じでもなく、普通に友達なんですよね。不思議だなあ…。

 

それにしても日本に興味を持って日本語を勉強してくれるっていうだけで、日本人としてはとても嬉しいですよね。いつか、L君を我が家に招いて日本食をご馳走したいです。L君、日本とアメリカの架け橋になって活躍してくれること間違いなし。本当に将来が楽しみです。

 

逆に、日本人が他の国に興味を持って、その国の言語を勉強するのは、その国の人たちにとって嬉しいはずですよね。テストに出るから、就職に有利だから、といった理由ではなく、その国、文化、人々のことをもっと知りたい、と思う気持ちがあると、相手の国の人の気持ちを動かすものですね。

 

にほんブログ村 教育ブログ モンテッソーリ教育へ

 

 

 

 

 

Comment





   

Link

Profile

Search

Calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

  • モンテッソーリ小学校1−3年生課程のディプロマを取得しました
    Asako
  • モンテッソーリ小学校1−3年生課程のディプロマを取得しました
    mimiko
  • 花の絵を描く
    Asako
  • AMI認定の更新
    keiko
  • 花の絵を描く
    まり
  • AMI認定の更新
    Asako
  • AMI認定の更新
    Keiko
  • 明けましておめでとうございます!新年にギリギリ間に合いました
    Asako
  • 明けましておめでとうございます!新年にギリギリ間に合いました
    しゅんず
  • これはいい! 荷造りの仕方
    Asako

Other