モンテッソーリ小学校で年度の始まりに必ず毎年行われるレッスンがあります。

5つのグレートレッスンと呼ばれるもので、1番目のレッスンは「宇宙の始まり、銀河系の始まり、太陽系の始まり、地球の始まり」のお話です。

グレートレッスンは、どのモンテッソーリ小学校でも必ず行われるもので、モンテッソーリ小学校教育が始まった頃から長い間、子ども達に愛されてきた、伝統でもあります。

モンテッソーリ教育は、「先生が教壇に立ち、生徒に講義する」という形式ではなく、先生はあくまで「バックグランド」。主役は子どもであり、先生は子どもとお仕事を結びつけるために工夫を凝らし、子どもがお仕事に夢中になり始めたら、さーっと身を引き、見守るのです。

そんな常に謙虚なモンテッソーリの先生にも、表舞台にたち、主役となるときがあります。

それが、グレートレッスンのお話をするときです。

グレートレッスン1「宇宙と地球の始まり」には、8つのデモンストレーションが含まれています。

うち1つの模型は、黒い風船はビッグバンの模型です。
風船の中にキラキラの星(クラフトで使われるもの)を入れて膨らませておき、針をさして破裂させるというもの。星が周りに飛び散りますので、インパクトは非常に大きいもの。
(デモの方法は、教師養成コースによって異なることがあります。)

もう1つのデモでは、水の中にキラキラの星の粒を入れておき、かき混ぜると星の固まりがいくつもできます。これが銀河系の始まり。

太陽系もモデルや、初期の地球の特徴の1つとして火山の爆発の模型もデモに含まれています。

これらの8つのデモは、グレートレッスンが始まるまで、大きな布がかぶせらられて隠されています。ドラマチックな演出のためです。

子ども達、特にこのお話を初めて聞く1年生たちは、これからいったい何が始るんだろうとドキドキワクワク。

そして、先生が照明を薄暗くして、ミステリアスに語り始めるのです。

昔、昔、まだ誰も存在しなかった頃、ひいひいひいひいひいおばあちゃんが生まれるよりも、もっとずーっと昔、動物も、植物も人間も存在しなかったとき、地球も、空も、宇宙もなかったの。。。おそらく、私たちの誰も想像できないほど、大きくて静かで寒くて暗い、何もない空間があっただけ。。。


そんなミステリアスな先生のお話の世界に、子ども達は引き込まれていきます。
すべて先生のドラマチックな演出にかかっています。
先生はお話や実験を何度も何度も練習し、本番に備えるのです。あたかもドラマの主役の役者さんと舞台裏の裏方さんの両方の役目を果たしているかのように。


そして、ポイントはすべて詳細を伝えることではないということ。
子ども達の好奇心を駆り立て、もっと知りたい、調べたい!という気持ちに火をつけたところでレッスンを終えます。


グレートレッスンの後には、いくつかの関連する内容の実験や研究テーマが準備されており、子ども達は自分でその中からお仕事を選び、探求していきます。

水の蒸発や凝縮、重力、火山、物質の三態(固体、液体、気体)、歴史へと、子ども達の知識が広がっていきます。

2年生以降は、このグレートレッスンに参加するかどうかは任意なのですが、ほとんどすべての子ども達が再度参加することを選択するそうですよ。

いつか、グレートレッスンの残りの4つも紹介しますね。




今日も読んでくださってありがとうございます。また遊びに来てくださいね。
昨年大干ばつに見舞われたアメリカは、今年は昨年の分までヤブ蚊が大発生。。。!
せっかくの収穫の時期ですがあっという間に顔中、子ども達はヤブ蚊に刺されるので対策を練らないといけません(涙)蚊を寄せ付けないというハーブ類のスプレーでは全く効き目がありません。
あーあ、地球にも子どもにも優しい、ヤブ蚊対策って無いものでしょうか。
にほんブログ村 教育ブログ モンテッソーリ教育へにほんブログ村

Comment
Asakoさん、グレートレッスンのお話ありがとうございました。断片的な情報しかなかったので、そういうことだったのか〜とパズルのピースがはまった感覚です!

それにしても、先生方の入念な準備、凄いですね。黒子に徹しながらも、全ては子どもたちのために、ここまで骨の折れる仕事を日々行うとは、本当に頭が下がります。Asakoさんのグレートレッスンのナレーションにすでに引き込まれていた私です(*^^*)

また機会がありましたら、色々と教えて下さいね。いつもありがとうございます^^
Yuzyママさん、こんにちは!
グレートレッスンは5つとも、どれもスケールの大きな話で子ども達がまさに宇宙的視野を持てるようにとあらゆる工夫がしてあります。先生方、準備が大変そうだなあと思いますが、「楽しいんです!この仕事が大好きなんです!」とおっしゃっていました。

そういえば私も息子達がモンテッソーリ園に通い始める前は、おうちモンテで、子ども達の喜ぶ顔を思い浮かべながら夜中にお仕事を準備したり棚の整理整頓をしたりしましたが、楽しくてしょうがなかったんです。特に子供が喜んで取り組んでくれたときは嬉しくって。モンテの先生は教室も広いし、いろんな子供がいるからおうちモンテより準備はもっと大変だろうけれど、子供の好奇心や興味を引き出すあらゆる工夫をするのってきっとすごく楽しくやりがいのある職業なんだろうなあと思います。

機会があれば、グレートレッスン パート2以降もご紹介しますね。
  • Asako
  • 2013/07/10 23:57
こんにちは!イリノイで7歳と5歳の二人をモンテに通わせています(^^)。モンテ歴4年になりました。

上の子は今年からlowerの2年目なのですが、そちらの学校のようなグレートレッスンなんてなく・・・、少し様子が違うようです。小学部の子供たちがイキイキしている様子が伝わってきて、少しうらやましい。。と思ってしまいました。でも、こちらもプロジェクトや自然学習などとても積極的にしているようで(はっきりと学習内容がつかめないのも、モンテですよね・汗)。
こちらは9月の頭までが夏休み。自宅モンテの最中です(といっても、各自が勝手に学んでくれている状態ですが・汗)。小学部まで続ける子供が少ない中、こうして同じ日本人ママさんがいらっしゃることが分かって、とても嬉しいです!
これからもちょこちょこお邪魔させてください。

  • honoka
  • 2013/07/29 13:37
ASAKOさん、お久しぶりです!!
覚えておられないかもですが、以前よくブログに遊びに来ていたBあやです。
実は、この1〜2年ショップをオープンして忙しかったりなんだりで(もともと怠け者ってのも大きいんですがwブログも放置中・・・ははは)、家でのモンテッソーリが全然できなくなってしまっていました。
ふれでぃも5歳になってこの9月からキンダーが始まるので、ホームスクールいろいろ調べたり手続きしたりしないと・・・!と焦りだしてたところに、なんとうちのお客さんからうちのショップから通える範囲の場所にモンテスクールがあるという情報が!!!
しかもそれを実家の母に電話で話すと、「ホームスクールとかはあんまり賛成できへんなーと思ってたけど(←日本人にはちょっとまだ受け入れにくいのかも…日本人に賛成されたことない)、モンテッソーリ園ならいいんちゃう?授業料大変やろうから、最初の年は援助してあげる!」と、一年分の授業料をどーんと送ってくれたんです!(感涙
速攻で学校見学に行って、空きがあるということだったので即申込み、あさって入学前の懇談があるので、旦那とふれでぃと3人で行ってきます!!
その学校は小学校もついているので、何とか小学校卒業まで行かせられるように、Bあやは今後授業料のために働きますwははははは!!
ASAKOさんがブログでモンテ園の紹介を詳しくしてくれていたことが、Bあやへの大きな後押しとなってくれたので、ちょっとお礼が言いたくなって長々と書き込んでしまいました。ありがとうございます!
ふれでぃの学校が始まったら、ブログも再開しようかなーと思ったりしています。
また、ちょこちょこ遊びに来させてもらいます。
  • Bあや
  • 2013/07/31 12:54
honokaさん、コメントをどうもありがとうございます!夏休み中で色々出かけているためブログを見ておらずお返事が遅くなってしまってごめんなさい!

それにしても!アメリカでモンテッソーリ小学校にお子さんが通っておられるとのこと、とても嬉しくコメント拝読しました。グレートレッスンがないというのは驚きです。。。毎年、年度始めの2ヶ月位でグレートレッスンをすると聞いていましたので。教師養成コースによって違うのかもしれませんね。プロジェクト、自然学習、こちらも多いですよ。リサーチばかりしている時期もありました。

年度末に詳しいレポートを受け取るので、その中に、歴史や地理、算数、言語などにわけてどんなお仕事をしたか報告があります。最近は園によってはソフトウェアを使ってどのレッスンを受けたかという情報を学校と親で共有できるようにしているところもあると聞くのですが、うちの学校はそこまではやっていないので、私も子供の学んでいることがすべて分かっているわけではないんです。不安なことがあったらすぐ先生に聞くようにしていますし、何か問題があったらすぐ先生から報告があるので、信頼関係は築けていると感じます。そちらはいかがですか?

こちらも年長から公立へ転校してしまう子が多いです。私立は高いので、小学校までモンテで育てたいけれど無理、というママさんが多いので、もっと安くなればなあと思うんですが。

日本人家族がうちの他にもう一家族いたのですが、6月に他州へ転勤されてしまって、寂しい思いをしていたので、honokaさんのコメントとても嬉しかったです。また色々情報交換させてくださいね。
  • Asako
  • 2013/08/04 11:09
Bあやさん!もちろん、覚えていますとも!!(フードスライサー大活躍しています^^) ショップをオープンされたのですね。おめでとうございます!すごい作品がたくさんありそうですね。今度お伺いしますね。
ふれでぃ君、もう5歳なのですね。なんとモンテッソーリスクールに通われるんですね。見学されてどうでした?ここだ!と思うような園でしたか?ブログを復活されたらスクールの様子も教えてくださいね^^モンテで一番大切と言われている時期は0−6歳ですが、小学校教育を知ってしまうと、可能であれば小学校も通わせてあげたいと思いますよね。そちらのモンテ小学校の様子も知りたいです。ぜひ情報交換させてくださいね。Bあやさんとまたつながって嬉しいです^^
  • Asako
  • 2013/08/05 06:50





   

Link

Profile

Search

Calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

  • モンテッソーリ教育の良さに子ども自身が気づくとき
    いくみ
  • モンテッソーリ教育の良さに子ども自身が気づくとき
    suzume
  • 銃規制を訴える 高校生たちの計画にモンテッソーリ中学生も参加
    Asako
  • 銃規制を訴える 高校生たちの計画にモンテッソーリ中学生も参加
    Asako
  • 銃規制を訴える 高校生たちの計画にモンテッソーリ中学生も参加
    suzume
  • 銃規制を訴える 高校生たちの計画にモンテッソーリ中学生も参加
    Keiko
  • 銃規制を訴える 高校生たちの計画にモンテッソーリ中学生も参加
    Asako
  • 銃規制を訴える 高校生たちの計画にモンテッソーリ中学生も参加
    Keiko
  • 古代メソアメリカを学ぶ Humanitiesの授業の第1回のトピック
    Asako
  • 古代メソアメリカを学ぶ Humanitiesの授業の第1回のトピック
    suzume

Other