ハロウィーンが終わると、アメリカでは次の大きなイベントはサンクスギビング(感謝祭)です。

物質社会でモノが大量に溢れる時代に生まれた子供達、感謝の心は,大人が意識して教育しないと育めないと思います。

感謝祭は、よい機会だと思い、家庭で11月に入ってから、こんなことをやっています。





季節に合わせ、色画用紙をもみじや銀杏の形に切ったものをたくさん準備して(もちろん、切る作業も子供達と)、
一日1枚、一人一人が感謝していることを書き出すのです。

子供達は「ともだち」「かぞく」「あたらしいおうち」「ふっとぼーる」「(ハロウィーンでもらったたくさんの)おやつ」「にほんのおばあちゃん」など、思い思いのことを書いています。

まだまだ鏡文字になってしまうジェイ(5歳)ですが、一日1枚じゃ足りない、もっと書きたいと言ってくれます。

感謝祭は今年は11月22日なので、それまでにたくさんの「ありがとう」が集まるはず。

色画用紙にたくさんはりつけて、感謝祭のときのランチョンマットにしようか、

紐でつなげて、暖炉の上に飾ろうか、

などなど楽しく想像しています。


今日も楽しく読んで頂けましたら応援クリックして頂けると嬉しいです。更新の励みになります。
にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
にほんブログ村 教育ブログ モンテッソーリ教育へ
にほんブログ村 教育ブログ 小学校教育へ

Comment
家族で"ありがとう"を考え形にしていく・・素敵な時間ですね。作ったものをアレンジするAsakoさんのアイディアもとっても素敵です。参考になります^^。
本当に物質社会ですよね。。うちは一人っ子なので必要なものは全て購入して揃えなくてはいけなかったけれど、せめてそれを姪っ子やお友達に回して長く使ったり、購入時に必要かどうか考えたりしていました。
先日、お弁当箱を留めるベルトを、粘土のボックスを留めるバンドに再利用?していて、その後スナックの容器がたまにカバンの中で開くので、またバンドが必要だなー、でも粘土付では洗っても・・と思って、今度買おうね!と息子に言ったところ、あるものでいいよ!と言われてしまいました。(私の口癖です)ジュエリーの箱にかかっていた太いゴムを持ってきて「これでOK」とほほ笑む息子を見て、うれしかったし日頃の私の態度が大切だと改めて思いました。。
  • Mel
  • 2012/11/10 10:29
Melさん、また来てくださって嬉しいです。一人っ子でもそうやって無駄を出さないように工夫すること大切ですよね。Melさんのお話の通り、基本はやっぱり家庭にあり、お母さんの影響がとても大きいと思います。最初からすぐには伝わらなくても何年か経って、こどもの口から出てくるとビックリしますよね。ああ伝わっていたんだって(笑)うちも先日そういうことがありましたよ。今度ブログに書きますね。
  • Asako
  • 2012/11/13 03:10





   

Link

Profile

Search

Calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

  • 現在のアメリカの様子 新型コロナウイルス
    Asako
  • 現在のアメリカの様子 新型コロナウイルス
    Aini
  • メリークリスマス 手作りのプレゼント
    Asako
  • メリークリスマス 手作りのプレゼント
    suzume
  • モンテッソーリ小学校1−3年生課程のディプロマを取得しました
    Asako
  • メイク、ヘアカラー、ネイル
    Asako
  • メイク、ヘアカラー、ネイル
    辰子
  • モンテッソーリ小学校1−3年生課程のディプロマを取得しました
    kiko
  • モンテッソーリ小学校1−3年生課程のディプロマを取得しました
    Asako
  • モンテッソーリ小学校1−3年生課程のディプロマを取得しました
    mimiko

Other