明けましておめでとうございます。今年もどうぞよろしくお願いします。

長男ガイ(5歳3ヶ月)の通うモンテ園も、今日から始まりました。冬休み中に就寝時間が1時間シフトしていたので、生活リズムを立て直さなくちゃ、朝がツライ私です。

さて、今日は、アメリカのモンテ園での挨拶について書いてみようと思います。

日本では、モンテ園に限らず、朝や帰宅時に、先生と向かい合って丁寧にお辞儀してごあいさつする幼稚園が多いですよね。日本にいる私の姪っ子も、お迎えのバスから下りてこられた先生と向き合って、きちんとお辞儀して「おはようございます」、そしてお見送りのお母さん達に向かって「行ってきます」と自然に挨拶していました。(モンテ園ではありません。)

日本のお辞儀はとてもエレガント。美しいと思っている外国人は多いのです。

アメリカではお辞儀の習慣がないのですが、ガイが通うモンテ園の先生方は、子供と目の高さを合わせるように腰を落とし、子供の手をしっかり握って、目を見て笑顔であいさつします。

お迎えのときに、担任の先生が子どもたち一人一人にかける言葉は、

Have a good afternoon.
Have a great afternoon.
Have a beautiful afternoon.
Have a wonderful afternoon.
Have a lovely afternoon.
Have an excellent afternoon.

このくらいなら、日常会話で使わなくもないですが、バリエーションはまだまだあるのです。

Have a splendid afternoon.
Have a terrific afternoon.
Have a brilliant afternoon.
Have a stupendous afternoon.
Have a fabulous afternoon.
Have a gorgeous afternoon.
Have a fantastic afternoon.
Have a magnificient afternoon.
Have a marvelous afternoon.

と、形容詞部分を毎日のように変えるのです。
stupendousなんて単語、私も知りませんでした。

モンテの先生方は、お仕事の提示(提供)をする時には、動きを子どもに集中してみてもらうため、言葉は必要最小限にしますよね。それなのに、子どもが語彙が少なくなるようなことが一切ないのは、こうやって生活の至る所で語彙を豊かにする工夫がされているからだと感じます。

ガイは、最初は恥ずかしがって言えませんでしたが、そんなとき、先生は親の私に向かって手を差し出し、にっこりと" Have a ○○ afternoon." 挨拶するのです。「子供に挨拶をきちんとしようね、という前に、大人が見本を見せましょう」、ということなのでしょうね。

入園から半年くらい経った頃から、ガイは自分から先生のところへ行き、手を差し出して
Have a beautiful afternoon.
ときちんと挨拶ができるようになりました。

そういえば、今のモンテ園に入園する前に、いくつかの他のモンテ園も見学したのですが、あるモンテ小学校での朝の挨拶はこんな感じでした。

皆が輪になって座り、様々な国の言葉で「おはよう」を1人ずつ言うのです。Good morningとオハヨウと、かろうじてグーテンモールゲン しか分からなかった私ですが(恥)、仕草までその国の仕草をしているのに驚きました。

オハヨウと言った子は、ちゃんとお辞儀していましたよ^^ 

世界的視野を持ち、平和な心を育む教育は、こんな朝のひとときにも感じられました。

↓クリックして頂けると更新の励みになります
にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
にほんブログ村

Comment
Asakoさん

あけましておめでとうございます!
本年もどうぞよろしくお願いいたします。

お仕事のほう、順調のようですね!
今年は日本に帰省できるかもしれないので、その時は私もこちらのお店の商品を購入させていただきますね!


モンテ園では、提示の時にあまり口頭での説明を入れない分、逆にお話の時に子供達が聞く耳の準備ができているのかもしれませんね。
一日中、がやがや言われていては大人だって、右から左に聞き流していたりしますから。
そうやって、注意しながら聞いていると、やはりきちんと入っていくのでしょうね。

また子どもの目線まで腰を落とし、それぞれ一人ずつに話をしてくださると、内気な子どもも話しやすい状況だと思うので、なかなか自分で挨拶をしにくい子どもにとってはうれしいことだとおもいます。

うちの子供達の幼稚園でもそうやっていただけるといいのだけれど、ひとりずつに挨拶はしていても、遠くからだったりするので、レオなどは相変わらず挨拶が苦手です。挨拶をしても消え入りそうな声で聞こえないの。

大人がお手本と、私も先生や幼稚園の子供達からお母さん方までみなに挨拶しているのですけどね。うーん。

家で、さらりとするあいさつ。
私もモンテ園の先生みたいにやってみようとおもいます。(身内と他人では、ちょっと違うのだろうけど)

年明けからまた気づきをありがとうございました!
  • calinca
  • 2010/01/05 18:10
calincaさん、こちらこそ今年もどうぞよろしくお願いします!

>今年は日本に帰省できるかもしれないので、その時は私もこちらのお店の商品を購入させていただきますね!

今年は日本に帰省されるんですね!私は日本に帰省するとあれやこれやと買い込んで帰りはいつもすごい荷物になってしまいます。calincaさんも買い過ぎにご注意!(でもご注文して頂けるととーっても嬉しいです♩)

>モンテ園では、提示の時にあまり口頭での説明を入れない分、逆にお話の時に子供達が聞く耳の準備ができているのかもしれませんね。
一日中、がやがや言われていては大人だって、右から左に聞き流していたりしますから。

確かにそうかもしれませんね。モンテの教室はとにかく静か。先生も小声で話すし、間違っても叫ぶということがありません。私も口うるさく言わないようにしなきゃ、、、とは常々思っているんですが、なかなか難しいです。

あいさつは、子どもの性格にもよりますよね。入園その日から元気に挨拶している子もいますし。レオくんもシャイなところがあるのですね。ガイも同じで、初対面の人は特に苦手で、黙りこくってしまうのです。担任の先生と普通に話せるまで半年もかかったんですよ(><)半年ってありえないでしょう〜?!担任の先生は結婚前の若い先生なんですが、半年も辛抱強く接してくださって本当にありがたかったです。   

でも、みんなにきちんと挨拶しているcalincaさんの姿はちゃんとレオ君は見ていると思います。何年かしたら、きっとあのときは何だったんだろう?という位、明るく挨拶する男の子に成長しているかもしれませんよ^^

家では日本語でも、さすがに家でお辞儀する姿を見せる機会ってないですよね。我が家の挨拶はアメリカンでハグですし(笑)でもお年玉を目の前にして、ガイの新年の挨拶は正座&お辞儀になっていましたよ^^
  • Asako
  • 2010/01/06 14:15





   

Link

Profile

Search

Calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

  • 現在のアメリカの様子 新型コロナウイルス
    Asako
  • 現在のアメリカの様子 新型コロナウイルス
    Aini
  • メリークリスマス 手作りのプレゼント
    Asako
  • メリークリスマス 手作りのプレゼント
    suzume
  • モンテッソーリ小学校1−3年生課程のディプロマを取得しました
    Asako
  • メイク、ヘアカラー、ネイル
    Asako
  • メイク、ヘアカラー、ネイル
    辰子
  • モンテッソーリ小学校1−3年生課程のディプロマを取得しました
    kiko
  • モンテッソーリ小学校1−3年生課程のディプロマを取得しました
    Asako
  • モンテッソーリ小学校1−3年生課程のディプロマを取得しました
    mimiko

Other