8月末、新学期が始まる少し前に、ガイのクラスで面談がありました。担任の先生二人と、私たち夫婦二人と、ガイを交えた五人の面談です。

 

この一年間で生活面での目標、学習面での目標、頑張りたいこと、苦手だけど克服したいこと、などを紙に書いて、五人で話し合います。

 

努力したいとガイが書いたのは、Disagree respectfully。 自分と意見が異なる場合でも、相手に尊敬の気持ちを持ちながら丁寧に反論する、ということです。

 

色々器用なガイですが、苦手なこともあります。人間だもの、それは仕方ありません。

 

小さな頃から、ガイは人前で歌を歌うことをしない子でした。音楽自体は好きで、ピアノも弾くし、ラジオに合わせてよく歌っている姿も見るし、ダンスもする。でもクラス全員で歌うことや、家族で日本の歌を披露した時など、全く歌わないのです。

 

でもモンテッソーリスクールにもあるのですよ、All School Singという、各クラスごとに歌を歌うイベントが。

 

先日はGrandparents' Dayという、おじいちゃんおばあちゃんにお仕事を見せる毎年恒例のイベントがあり、その最後にこのAll School SIngがあるのですが、相当嫌がっていましたね…。

 

かと言って、小さい子たちが見ているのに、最高学年の中学2年生のリーダーが歌いたくないと文句を言ったりすると、楽しいはずのイベントがネガティブなものになりかねません。

 

先生や私たちは、8月末の今年の目標で書いた、Disagree respectfullyをガイに思い出してもらいました。

 

考えた末、「とても大切なイベントだと思うけれど、自分は歌いたくないんです。歌う以外の方法で、このイベントに貢献させてもらえませんか。僕はカメラが得意だから、みんなが歌っている写真を撮ることはできます。」

 

と言ったようです。そして、当日は水を得た魚のようにイキイキ写真を撮っていたようです。

 

 

苦手なことを努力で克服する道もあるけれど、苦手なことはそれが好きな人に任せて、自分の得意なことで貢献すると言う道もありますよね。どちらが正解不正解ではなく、どちらも正解。今後も「イヤだからやらない」ではなく、「どうやったら貢献できるかな?」と言う視点で判断していって欲しいです。

 

 

 

にほんブログ村 教育ブログ モンテッソーリ教育へ

 

 


Link

Profile

Search

Calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

  • 一大決心
    Asako
  • モンテッソーリ教育の良さに子ども自身が気づくとき
    Asako
  • モンテッソーリ教育の良さに子ども自身が気づくとき
    Asako
  • 一大決心
    Eiko
  • モンテッソーリ教育の良さに子ども自身が気づくとき
    いくみ
  • モンテッソーリ教育の良さに子ども自身が気づくとき
    suzume
  • 銃規制を訴える 高校生たちの計画にモンテッソーリ中学生も参加
    Asako
  • 銃規制を訴える 高校生たちの計画にモンテッソーリ中学生も参加
    Asako
  • 銃規制を訴える 高校生たちの計画にモンテッソーリ中学生も参加
    suzume
  • 銃規制を訴える 高校生たちの計画にモンテッソーリ中学生も参加
    Keiko

Other