息子たちの通う、アメリカのモンテッソーリ小学校1−3年生クラス、4−6年生クラスの時間割りです。


8:00-11:15 朝のお仕事の時間
11:15-11:45 ランチ
11:45-12:45 外遊び、その後、サイレントリーディング
12:45-2:45 午後のお仕事の時間
2:45-3:05 片付け、読み聞かせ等
3:05-3:10 帰宅の準備

モンテッソーリ教育では、1回のお仕事のサイクルは3時間が最適と言われています。

午前中にお仕事の時間は3時間15分。午後に2時間。一日に合計5時間15分です。
(週に1回は、午後のお仕事の時間の代わりにアート、体育の時間になります。)

これにはちゃんと理由があるのです。

3時間たっぷり時間があれば、「何をやるか選択して、それをやり終え、その仕事に対する達成感を感じ、そして次のお仕事を選ぶ」ことが可能になります。

大人だって、やっておきたいことがあるけれど、30分しか時間がないから今日はやめておこう、、、という時がありませんか。

3時間あったら、難しいタスクもやってみよう、そして出来た!という達成感、幸福感が感じられるでしょう。

私だったら。。。3時間あったら何をするかな。チャレンジしてみたかったあのお料理のレシピ、今日こそやってみよう、思うのと、

今日は夕食にかけられる時間が15分だけ。簡単なあの手抜き時短メニューで済ませるか。。。になる違いです。(笑)

小さな子どもにも、体内時計のように、この3時間のビルトインのお仕事サイクルがあるそうですよ。


生産的な大人の場合、一日に4回のお仕事サイクルがあるそうです。

5歳以下の子供の場合、通常1日に1回の3時間のお仕事サイクルですが、
5歳頃から、適切な環境下では、1日に2回のお仕事サイクルが始まります。

そういえば、息子達が3−6歳クラスに在籍していた頃は、午前中に3時間のお仕事の時間の他、年長さんだけ(5、6歳)は午後にもモンテッソーリの先生とお仕事する時間がありました。

年小、年中さん(3−4歳)は、ランチ前に帰宅、あるいは、保護者が迎えに来られない場合は、午後になると別の部屋でお昼寝したりして補助の先生と過ごしていました。

ちゃんと考えられていたのですねundefined

私にも、時々、「モンテッソーリ園を選ぶときのポイントを教えて欲しい」とメールを頂きます。
私なりに、色々とお返事させて頂いていますが、「お仕事の時間が十分に確保されているか」はかなり重要なポイントだと思います。
1時間だけというところもあると聞きますが、それではどう考えても足りないと思います。

ご参考までに。。。


いつも読んで下さってありがとうございます。応援クリックして頂けると励みになります。また遊びに来て下さいね。
にほんブログ村 教育ブログ モンテッソーリ教育へ
にほんブログ村


 


Link

Profile

Search

Calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

  • 銃規制を訴える 高校生たちの計画にモンテッソーリ中学生も参加
    Asako
  • 銃規制を訴える 高校生たちの計画にモンテッソーリ中学生も参加
    Asako
  • 銃規制を訴える 高校生たちの計画にモンテッソーリ中学生も参加
    suzume
  • 銃規制を訴える 高校生たちの計画にモンテッソーリ中学生も参加
    Keiko
  • 銃規制を訴える 高校生たちの計画にモンテッソーリ中学生も参加
    Asako
  • 銃規制を訴える 高校生たちの計画にモンテッソーリ中学生も参加
    Keiko
  • 古代メソアメリカを学ぶ Humanitiesの授業の第1回のトピック
    Asako
  • 古代メソアメリカを学ぶ Humanitiesの授業の第1回のトピック
    suzume
  • 黒帯!!
    Asako
  • モンテッソーリ中学校の1年生
    Asako

Other